2019年9月24日 (火)

爪痕!

9日未明にやってきた台風は、鎌倉にも大きな爪痕を残していきました。

明月窯の近くの明月院では、

Img_2019meigetuin

入り口の門に、杉の大木が倒れています。

明月窯の窯場はトタン屋根なので、心配していましたが、無事だったためほっと一安心。と思っていたら、ギャラリーの屋根が何かおかしい様子。

Img_2019gallery01

裏山を覗いてみると、

Img_2019gallery02

明月院と同じように杉が倒れて屋根に乗っています。明月院の杉は、1週間ほどで撤去されましたが、明月窯は2週間過ぎた今もそのままです。

裏山をよく見てみると、

Img_2019urayama

大量の杉が倒れています。

我が家では、

Img_2019antenna_20190924165601

テレビのアンテナが落ちてしまいました。

千葉県の台風被害に比べたら、停電もほぼなく、窯も焚けているので、大したことないと思うしかありませんね。

2019年8月25日 (日)

夏休み!

鎌倉明月窯は、8月末まで夏休みです。

明月窯の社長(我が家の主婦)は、この期間に持病を克服すべく、入院、手術、リハビリというスケジュールに入っています。

Point-blur_20190823_100100

これは、術後の写真です。長い間悩まされていた腰の滑り症が悪化して、脊柱管狭窄症になったため、滑っていた骨と下の骨を金属で固定して本来の位置に戻し、狭くなって神経を圧迫していた脊柱管を広げるという手術ということです。

社長は順調に回復してきて、数日後には退院できる見込みです。私も家事の大変さを実感した期間でした。

2019年6月26日 (水)

乾燥中

紫陽花で賑わう明月院の人出も、少しずつ落ち着いてきて、北鎌倉の観光シーズンも今週末までという感じです。


鎌倉明月窯の紫陽花は、

Img_20190626_175401320x240

Img_20190626_175531320x240_20190626184901

やっと見頃になったところです。


この時期、体験教室もたくさんの方に来ていただきました。

Img_20190626_174015320x240

この1週間にロクロ体験された方の作品を仕上げました。

湿度が高く、乾燥に時間がかかるため、素焼きまで1週間程必要です。

それから、釉掛け、本焼きと進みます。


お待たせしますが、もうしばらく楽しみにお待ちください。

2019年5月13日 (月)

令和初のイベント告知

令和初の鎌倉明月窯陶芸クラブ展が近づいてきました。

Seizankouro

毎年恒例の陶芸クラブ会員による展覧会です。

5月25日(土)、26日(日) 10:00~16:00

2日間ですが、ギャラリーと工房を使って、賑やかに開催いたします。

展示、即売のほか、ロクロ実演体験のコーナー、お茶のサービスなど盛り沢山です。

Img_clubsakuhin

会員の作品も、続々と焼き上がってきました。

新緑と鳥たちの鳴き声に包まれて、ゆったりと楽しんでください。

会員一同、皆様のご来窯をお待ちいたしております。

2019年3月31日 (日)

山の中の春

世間では、桜の満開情報やお花見情報で盛り上がっていますが、鎌倉は都内より若干遅く、特に鶴岡八幡宮段葛の桜は、まだ若いこともあり六、七分咲きというところです。

 

明月窯の枝垂れ桜も、

Tmp_1553999528029_1

 

こんな感じです。

 

窯場の裏山では、

 

Tmp_1553999548143

スミレが小さく可憐な花を咲かせています。

少し不気味な雰囲気ですが、

 

Tmp_1553999566266

浦島草も先を釣り糸のように垂らした花をつけています。

 

春本番となるこの時期は、5月25日、26日開催の陶芸クラブ展に向けて、明月窯もクラブ会員の方たちも忙しくなってきます。

 

今年は、どんな力作が並ぶことでしょう?

お楽しみに!

2019年2月25日 (月)

2月の桜

2月は逃げるという通り、あと数日を残すだけになりました。

鎌倉駅近くの舗道では、


1551087577926.jpg

玉縄桜という早咲きの桜が開花しています。
最近は、早咲きと言えば河津桜が有名ですが、玉縄桜は河津桜より色が淡く、ソメイヨシノに近い感じです。

明月窯では、


1551087578411.jpg

また、北村建築工房さんから手洗いボウルの注文があり、本焼きを待っています。
施主様から、蛸唐草の模様が好きということを聞いて、こんな感じにしました。施主様が家族の名前を彫って、オリジナル感を出しています。

その他に、


1551087578797.jpg

こんなグラスを作りました。
以前に今ひとつうまくいかなかったので、再挑戦です。足の長いグラスは、作るのはもちろん焼成するのも大変です。

うまく焼き上がったら、報告します。

2019年2月 1日 (金)

もう2月!

バタバタと過ごしているうちに、あっという間に1月が終わっていました。

遅ればせながら、本年もよろしくお願い申し上げます。
ほとんど雨が降らない1ヶ月でした。
31日にしばらくぶりの雨で、からからの落ち葉が湿って、


1549023801132.jpg

紅葉の色が少し戻り、色気のある吹き寄せが風情を感じさせてくれます。

お正月休みが明ける頃、ご両親にプレゼントをしたいという方から、注文を承りました。
納期が1ヶ月ないくらいのタイトなスケジュールでしたが、何とか間に合わせることに…

打ち合わせでカップ&ソーサーに、ご両親ゆかりの松と藤の絵付けをすることになりました。


1549023801999.jpg

図案を決めて、


1549023802363.jpg

期限ギリギリに、焼き上がりました。
明日、仕上げと桐箱に収めて、明後日納品です。
無事に焼き上がって、ほっと一安心です。

このようなオーダーも、できる限り承っております。予備を作るため、若干高くなってしまいますが、オリジナルの焼き物を考えている方は、ぜひご相談ください。

2018年12月31日 (月)

平成最後の年末

2018年もいよいよ大晦日。
平成最後の年末です。

仕事納めは、28日でした。
数日前に、北村建築工房で新築中の施主様が、手洗いボウルに家族みんなでDIYの仕上げをしました。

印花を押したり、飛びカンナという道具で模様をつけて、オリジナルデザインになりました。
そこに、白化粧という粘土を象嵌します。


1546232946521.jpg

筆を使って、白化粧を埋め込むように塗って、
はみ出た部分を削り取っていきます。


1546232946971.jpg

こんな感じになりました。
これから、ゆっくり乾燥させて素焼きにします。無事に焼き上がってほしいです。

それから、今週ロクロの体験をした方達の削り仕上げをしました。


1546232947320.jpg

今年最後の仕事です。
ロクロまわりを片付けて、


1546232947668.jpg

無事終了しました。

29日から今日大晦日まで、家の大掃除です。
私の担当は、換気扇掃除、外側の窓拭き、床のワックスがけ、庭木の剪定などなど。
暗くなるまで頑張ります。

本年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

2018年12月 6日 (木)

来年に向けて

北鎌倉の山は、先の台風による潮風で、
木々の葉が傷んでしまったため、
今年の紅葉は、期待できないと思っていましたが、


1544080962562.jpg

例年より赤味が少ないものの、何とか色づいてきました。

明月窯では、来年に向けた試作を始めています。


1544080965220.jpg

まず、このような外型を使って、


1544080966957.jpg

菊型の輪花の皿を抜きます。
呉須という青顔料で、波のような絵付けをして、縁に鉄顔料を塗ります。


1544080969200.jpg

約400年前に中国景徳鎮で作られた古染付を写したもので、双魚と蝉の向付に続く古染付第3弾になります。

大変手間のかかる仕事ですが、焼き物の質感の勉強にもなります。

今年のうちに試作を終えて、来年には人気商品になってほしいものです。

2018年10月22日 (月)

魚、魚、魚

注文を受けた作品を無事に納品できると、ほっと一安心します。

今回は、


1540200643569.jpg

以前、研究していた古染付写しの双魚向付です。
50客、納期ありなので、焼き上がりまで心配でした。

磁器の土を板にして、


1540200644055.jpg

このような石膏の型に入れて成形します。
反乾燥で仕上げの削りと足を付けたら、乾燥させて絵付けをします。

ひとつ完成するのに、乾燥時間や窯の手間をいれずに延べ2時間半程かかります。
少々高価でも、許してください。

«別れの時

無料ブログはココログ