« クラブ展後記 | トップページ | 75の個性 »

2014年6月 1日 (日)

鎌倉明月窯招待作家展

6月になり、北鎌倉に多くの観光客がみえる季節です。
目当ての紫陽花は、まだほとんど咲いていませんが・・・

明月窯では、招待作家展がスタートしました。

Jn14vo101


ギャラリーの中は、こんな感じです。
入口から、明月窯初代 河村蜻山の作品、
2代目佐藤長信、現在の社長の作品展示です。

Jn14vo102


末端に、拙造の小品もあります。

そして、招待作家の岡村昭男氏。

Jn14vo103


平塚市在住で、30年以上前に明月窯の講師をしていました。
明月窯のクラブ会員には、この頃既に入会していて、
今も元気に通ってこられる方が、8名程おられます。

次は、信州小諸市に窯を構える岡本一道氏。

Jn14vo104


鎌倉で育ち、大手電機メーカーに就職しましたが、
明月窯陶芸クラブに入会して、焼き物作りの道に進むことを決意。
京都府立陶工職業訓練校に学びます。
私の5年程先輩になります。

そして、若手では井山三希子氏。

Jn14vo105


私が、京都から明月窯に来て間もなく、
20歳位で陶芸クラブに入会しました。
プロになりたいと相談をされて、反対したことを覚えています。
瀬戸の訓練校、焼き物屋勤務を経て独立。
現在、八王子で作陶する人気作家です。
人生わかりませんね。

もうひとりは、川北秀一郎氏。

Jn14vo106


陶芸クラブ入会は、高校生の時でした。
それから、文化学院の陶芸科(今は、ありませんが・・)終了後、
明月窯に2年程勤務して独立。
茅ヶ崎の自宅で作陶し、現在日本工芸会正会員。

こんな顔ぶれで、作品展示しています。

Jn14vo107


お得な特別提供品もあります。
どうぞお気軽にお越しください。
お待ちいたしております。

« クラブ展後記 | トップページ | 75の個性 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584851/59743219

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉明月窯招待作家展:

« クラブ展後記 | トップページ | 75の個性 »

無料ブログはココログ