« 趣味の日 | トップページ | 記録更新中 »

2014年12月 7日 (日)

カラフルな秋

このところの寒さで、もう半分冬の気分ですが、
景色は、まだ晩秋です。

Dc14vo101


これは、明月窯から見たお向かいの山。
ここ数年、あまりきれいではなかったのですが、
今年は、久しぶりにまずまずの出来映え。

明月窯では、年末を控えて、いろいろな窯を焚きます。
高温還元、低温還元、焼〆、炭化、酸化、上絵、素焼きが、
明月窯で焚く窯の種類ですが、12月に入って最初の窯は、
半年ぶりの酸化でした。還元の窯は、毎月必ず焚きますが、
酸化の窯は、明月窯作品にはないため、
陶芸クラブ会員の作品がたまるのを待って焚きます。

Dc14vo102


普段あまり見ない、カラフルでポップな焼き上がりです。
釉薬を掛ける前に絵付けをする下絵の具は、
呉須、鬼板といった伝統の絵の具は、還元で焼くことがほとんどですが、
赤、黄色などの下絵の具は、酸化で焼くと発色が鮮やかです。
同じ酸化の窯で、黄瀬戸や三島、織部を焼いた会員もいます。

Dc14vo103


こちらは、やや落ち着いた雰囲気です。
このあと、上絵の窯を焼きます。
750℃~800℃という低温ですが、赤、緑、黄色、金、銀など
やはりカラフルな色が中心です。
寒い季節は、やっぱり暖色が似合いますね。

« 趣味の日 | トップページ | 記録更新中 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584851/60776381

この記事へのトラックバック一覧です: カラフルな秋:

« 趣味の日 | トップページ | 記録更新中 »

無料ブログはココログ