« 春を探す季節 | トップページ | 春の仕事 »

2015年2月26日 (木)

焼成にこだわる。

暖かくなる日も増えて、蕗の薹も

Fe15vo201


天ぷらで食べられる位の収穫になりました。

明月窯では、陶芸クラブがお休みの月末は、
何種類もの窯焚きで、忙しい毎日です。
今日の窯出しは、陶芸クラブ会員作品の

Fe15vo202


焼〆です。
釉薬を掛けずに本焼きをしますが、
電気の窯でそのまま焼くと、変化が乏しく
面白く焼けないため、

Fe15vo203


このようなサヤを使い、籾殻や炭等を作品と共に入れて、
サヤの中を一つの窯のようにして、
薪窯のような変化を求めています。

20年位前から、一般に知られるようになった焼成法です。

鎌倉明月窯では、陶芸教室の作品といえども、
プロに負けない本格的な焼成を目指しています。

« 春を探す季節 | トップページ | 春の仕事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584851/61199067

この記事へのトラックバック一覧です: 焼成にこだわる。:

« 春を探す季節 | トップページ | 春の仕事 »

無料ブログはココログ