« 交通安全 | トップページ | 夏の名残 »

2015年9月 8日 (火)

たたら

"たたら"というのは、焼き物屋では、
粘土を板状に伸ばしたものを言います。

粘土の塊から、スライスしたり、
麺棒を使って伸ばしたりします。
この板状の粘土で、ロクロでは作れない
角皿や長方皿など、丸くない器を作ります。

明月窯では、専用の機械を使って、
粘土を大きく伸ばします。

Se15vo101


これが、その機械です。
手で伸ばすより、圧力がかかるため、
粘土が良く締まり、狂いが少ないのが利点です。

型紙で、たたらを切り出して、
お皿の形に整えます。

Se15vo102


明月窯の板皿は、石膏型を使わずに、
手作業で整えていきます。

丸い作品も、たたら成形で作ることがあります。

Se15vo103


底が広く浅い皿等、たたらをロクロで整えて成形すると、
この磁器の皿のようなモダンな形を
容易に作ることが出来ます。

« 交通安全 | トップページ | 夏の名残 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584851/62243476

この記事へのトラックバック一覧です: たたら:

« 交通安全 | トップページ | 夏の名残 »

無料ブログはココログ