« 夏から秋へ | トップページ | 娘の下請け »

2016年10月10日 (月)

これからの器

すっかり秋の雰囲気になり、
気温も20℃くらいに落ち着きそうです。

夏の間は、白磁や染付の磁器の器や青瓷、
三島、刷毛目、粉引など爽やかさや
涼しさを感じる器が中心でしたが、
寒さを感じるようになると、
赤、緑、黄などの絵の具を使った上絵、
緑釉や黒釉など濃い色合い、
暖色系の器が多くなってきます。

陶芸クラブ会員の作品も

1476068274696.jpg

このような、炭化の器など増えています。

明月窯でも、

1476068275178.jpg

新作の炭化の器を作りました。
ギャラリーに展示しておりますので、
ぜひお立ち寄りください。
お待ちいたしております。

« 夏から秋へ | トップページ | 娘の下請け »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584851/64325745

この記事へのトラックバック一覧です: これからの器:

« 夏から秋へ | トップページ | 娘の下請け »

無料ブログはココログ