« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

桜はまだか…

3月も末となり、例年なら桜が満開の時期ですが、鎌倉の段葛の桜は、若木のせいかまだ開花していません。

このあたりの桜の名所、逗子鎌倉ハイランドの桜も開花しているもののまだ1~2分咲き程度で、異例の遅さです。

10日程前に


1490971099745.jpg

新酒をいただきました。
左の2本は、石川県からの生原酒で、度数が高いものの口あたりは柔らかく、吟醸香も強すぎずバランスの良いお酒です。
右は、福島県から山形県長井市に避難した人達と長井市のNPO法人の復興支援プロジェクトとして思いのこもった“甦る”というお酒です。
やさしい香りのさらりとした素直な感じです。

お花見にちょうど良いおいしいお酒をいただいたと思ったのに、桜が満開になる前にすっかり飲んでしまいました。

昨年末から取り組んできた古染付が、


1490971100270.jpg

このように焼き上がって、一応の成果が上がりました。もう少し改良の余地がありますが、これから暖かくなると、染付の向付に旬の魚のお造りを盛って、おいしいお酒で一杯やりたいと思いますね。

2017年3月24日 (金)

春本番

都内では、桜の開花が確認されたらしいですが、鎌倉段葛の桜は、


1490338719797.jpg

蕾が膨らんでいるものの、咲いている花は見つかりません。
沿道のソメイヨシノを見ると、


1490338720669.jpg

もう少しというところです。
この土日には、開花するでしょう。

毎年恒例の陶芸クラブ展まで、あと2ヶ月ほどの明月窯では、通常の還元焼成の他に酸化の窯を焚きました。

赤松薪を5~6時間燃やして焼成する還元の窯に対して、火を使わない酸化の窯は、比較的簡単で失敗の少ない焼成なので、酸化の窯だけの陶芸教室も多いのですが、明月窯では還元の窯が9割くらいです。

酸化で焼成すると、


1490338721080.jpg

このような黄瀬戸や


1490338721475.jpg

カラフルな下絵の具も発色が良く、
ポップな感じが、比較的若い世代に人気です。

赤土を使うと、


1490338722027.jpg

こんな感じに焼き上がります。

5月27日(土)、28日(日) 10:00~16:00
鎌倉明月窯陶芸クラブ展では、
還元や酸化、焼き締め、炭化など
多彩な焼成や手法で会員がこの1年間に
作った作品が多数展示されます。

皆様のご来窯をお待ちいたしております。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

無料ブログはココログ