文化・芸術

2017年6月13日 (火)

鎌倉明月窯招待作家展

陶芸クラブ展が無事終了して、
この時期恒例のイベント
招待作家展が、明月窯のギャラリーで開催中です。


1497347173634.jpg

明月窯ゆかりの作家4人を招き、明月窯スタッフと共に展示しております。


1497347174410.jpg

これは、岡本一道さん。
明月窯陶芸クラブを経て、京都で修業したあと、各地の民芸の窯で学び、信州小諸市に築窯して作家活動をしています。


1497347174789.jpg

そして、岡村昭男さんは、明月窯勤務の後、平塚市に築窯し、青磁、青白磁を中心に作陶しています。


1497347175154.jpg

川北秀一郎さんは、明月窯に2年間勤務した後、茅ヶ崎市の自宅に築窯、黄釉の作品で日本伝統工芸展に入選し、現在日本工芸会正会員として、活躍しています。


1497347175515.jpg

岡部明美さんは、陶芸クラブを経て、笠間で修業した後、藤沢市に築窯。白化粧を使った掻き落としの手法や焼き締めの作品など作っています。

18日(日)まで開催しております。(金曜日定休)
紫陽花で賑わう北鎌倉ですが、山あいの静かなギャラリーに是非お立ち寄りください。
お待ちいたしております。

2017年5月27日 (土)

開催中!

いよいよ鎌倉明月窯陶芸クラブ展が開催いたしました。

本日土曜日は、10時のopenから午前中に
たくさんの方にご来窯いただきました。

午後からは、ややゆったりとして、
この季節らしい北鎌倉を楽しんでいただけたと思います。

メイン会場であるギャラリーは、


1495893878885.jpg

こんな感じに展示しています。

その前庭では、


1495893879536.jpg

お茶のサービスがありますので、
ゆっくりとしていただけます。
ウグイスもよく鳴いています。

工房2Fでは、


1495893879939.jpg

個人別展示をしています。

1Fは、即売コーナーで、


1495893880457.jpg

お買い得もたくさんあります。
その横では、


1495893880877.jpg

ロクロ実演と体験をしています。
興味のある方は、是非体験してください。

明日日曜日までの開催です!

2017年5月24日 (水)

大片付け

今週はじめから、陶芸クラブや体験教室をお休みして、大片付け、大掃除が始まりました。

もちろん、この週末のイベント
鎌倉明月窯陶芸クラブ展の準備です。

工房1Fは、ロクロの台を即売コーナーの展示台にするため、


1495638212520.jpg

横に並べていきます。
この隙間に、工房にあるいろいろな物を収納して、上にコンパネの板を乗せて布を掛けると展示台の完成です。

この時期、雑草の勢いがすごいので、
草刈りも重要な仕事です。


1495638213054.jpg

まず、ギャラリーに上がる石段のまわりをきれいにします。


1495638216413.jpg

そして、ギャラリー前庭を草刈り機を使って、刈り込んでいきます。
伸びすぎた木も切らなくてはいけません。

明日からは、いよいよたくさんの作品を展示していきます。

ゆっくり楽しんでいただけるよう、後2日の準備を頑張ります。
皆様是非お立ち寄りください。
お待ちいたしております。

2017年5月12日 (金)

近づいてきました!

5月も中旬となり、明月窯最大のイベント
鎌倉明月窯陶芸クラブ展が近づいてきました。


1494594853911.jpg

27日(土)、28(日)の2日間、10:00~16:00
陶芸クラブ会員による展覧会です。

鎌倉明月窯陶芸クラブは、
今年開講50年目を迎えました。
本格的な質感を目指して、粘土や釉薬、
焼成等こだわってきました。

会員の方達も、この1年間それぞれ個性豊かな作品を製作しています。


1494594854573.jpg

窯場の棚に、展示する作品が集まってきました。

ギャラリーのメイン展示の他、工房1Fでは即売コーナー、ロクロ実演体験コーナー、2Fは個人別展示と明月窯全体を使って、賑やかに開催いたします。

ギャラリー前庭では、お茶のサービスもあります。
北鎌倉の新緑と野鳥の声に包まれて、
ゆっくりとクラブ展を楽しんでください。

クラブ会員一同、皆様のご来窯をお待ちいたしております。 

2017年4月21日 (金)

夏の準備

桜が終わると季節が急に進んだ気がします。

ゴールデンウィークになる前に、やっておかなくてはいけないことがあります。


1492758386140.jpg

我が家の南側にある細長い小さなスペースですが、雑草でいっぱいになっています。


1492758386612.jpg

この草をすっかり抜いて、クワで耕します。


1492758386936.jpg

有機石灰を一面に撒いて、もう一度よく混ぜ合わせると今日の作業は終了です。
数日後、堆肥と有機肥料を混ぜ合わせて夏野菜の植え付け準備が整います。

この場所には、5月初旬までにピーマンとトマトを植え付ける予定です。

そして窯場では、


1492758387307.jpg

初夏に新宿荒木町で開店予定の料理屋さんの看板を頼まれて、試作中です。

夏が近くなってきました。

2017年3月31日 (金)

桜はまだか…

3月も末となり、例年なら桜が満開の時期ですが、鎌倉の段葛の桜は、若木のせいかまだ開花していません。

このあたりの桜の名所、逗子鎌倉ハイランドの桜も開花しているもののまだ1~2分咲き程度で、異例の遅さです。

10日程前に


1490971099745.jpg

新酒をいただきました。
左の2本は、石川県からの生原酒で、度数が高いものの口あたりは柔らかく、吟醸香も強すぎずバランスの良いお酒です。
右は、福島県から山形県長井市に避難した人達と長井市のNPO法人の復興支援プロジェクトとして思いのこもった“甦る”というお酒です。
やさしい香りのさらりとした素直な感じです。

お花見にちょうど良いおいしいお酒をいただいたと思ったのに、桜が満開になる前にすっかり飲んでしまいました。

昨年末から取り組んできた古染付が、


1490971100270.jpg

このように焼き上がって、一応の成果が上がりました。もう少し改良の余地がありますが、これから暖かくなると、染付の向付に旬の魚のお造りを盛って、おいしいお酒で一杯やりたいと思いますね。

2017年3月24日 (金)

春本番

都内では、桜の開花が確認されたらしいですが、鎌倉段葛の桜は、


1490338719797.jpg

蕾が膨らんでいるものの、咲いている花は見つかりません。
沿道のソメイヨシノを見ると、


1490338720669.jpg

もう少しというところです。
この土日には、開花するでしょう。

毎年恒例の陶芸クラブ展まで、あと2ヶ月ほどの明月窯では、通常の還元焼成の他に酸化の窯を焚きました。

赤松薪を5~6時間燃やして焼成する還元の窯に対して、火を使わない酸化の窯は、比較的簡単で失敗の少ない焼成なので、酸化の窯だけの陶芸教室も多いのですが、明月窯では還元の窯が9割くらいです。

酸化で焼成すると、


1490338721080.jpg

このような黄瀬戸や


1490338721475.jpg

カラフルな下絵の具も発色が良く、
ポップな感じが、比較的若い世代に人気です。

赤土を使うと、


1490338722027.jpg

こんな感じに焼き上がります。

5月27日(土)、28日(日) 10:00~16:00
鎌倉明月窯陶芸クラブ展では、
還元や酸化、焼き締め、炭化など
多彩な焼成や手法で会員がこの1年間に
作った作品が多数展示されます。

皆様のご来窯をお待ちいたしております。

2017年2月28日 (火)

駆け足の2月

2月は短いこともあり、バタバタしているうちに、過ぎようとしています。

2月上旬には、


1488274329219.jpg

鎌倉産の玉縄桜という早咲きの桜が開花して、春を告げていました。
巷では、やはり早咲きの河津桜が話題になっていましたが、


1488274329661.jpg

2月と言えば、やっぱり梅が本命だと思います。

我が家では、


1488274330094.jpg

貝母百合が揃って芽を出しました。
この花が咲くと、暖かい日が増えてきます。

明月窯では、この時期に大事な窯があります。


1488274330640.jpg

釉掛けを終えた作品たちに、目土という耐火性の粘土を付けて窯詰めをします。

ほぼ1日かけて本焼きして、さらに1日半ほど冷まして、窯の温度が100℃を切ったら窯出しです。

今回のメインは、


1488274331550.jpg

近所の幼稚園児の卒園制作です。
もう20年くらい続けていますから、最初の園児たちはすっかり大人になって、親になっている子もいるかも知れません。

良い思い出になってほしいと思います。

2017年1月 7日 (土)

仕事始め

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。
 
明月窯は、4日から仕事を始めていますが、
陶芸教室は、10日スタートになります。
 
それに先駆けて、明日は陶芸クラブの新年会です。
 
去年末から試していたスモークが、
いよいよ本番となります。
 

1483775158679.jpg
 
この2連の段ボールが、2基目のスモーカーです。
右側でスモークウッドを焚いて、
左側に煙を送る仕掛けになっています。
 
右側はやや温度が上がるため、
 

1483775159287.jpg
 
半熟煮玉子を入れます。
時間は1時間半くらいです。
 
左側は温度が上がらず冷薫になります。
ここには、
 

1483775159599.jpg
 
漬けにしたサーモンとチーズを入れます。
サーモンは2時間程、チーズは4時間のスモークです。
 
出来上がったら、
 

1483775159978.jpg
 
網の中で一晩熟成させます。
窯場の寒い空気が、美味しくしてくれると思います。

クラブの皆さんが喜んでくれると良いのですが…
 
そして、来週から本格始動します。

2016年12月31日 (土)

年末に思うこと

いよいよ大晦日となりました。
 
明月窯の業務は、29日で終了して、
 

1483172381551.jpg
 
大掃除も何とか格好をつけました。
 
来年に向けて作っているのは、
 

1483172380401.jpg
 
こんな原型です。
石膏を流し込むと、
 

1483172380902.jpg
 
こういう型が出来あがります。
目指しているのは、
 

1483172381246.jpg
 
古染付の向付です。
難しいのは、形や絵付けではなく、
磁器で古い感じの質感を出すことです。
どうなるでしょうか…
 
今年もいろいろお世話になりました。
来年も頑張っていろいろ挑戦しようと思います。
どうぞよろしくお願い申しあげます。
 

1483172381867.jpg
 
最後は、恒例の社長手作り鏡餅です。
皆様よいお年をお迎えください。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ